*平成23年以降の玄米につきまして、放射能分析による検出は見られておりません。
【下限値0.5ベクレル/kg(23年は1ベクレル/kg)】

平成26年産玄米 放射能分析結果

玄米
(秋田県潟上市飯田川和田妹川苗代沢地内)


要素-131   不検出(下限値0.49ベクレル/kg)
セシウム-134 不検出(下限値0.46ベクレル/kg)
セシウム-137 不検出(下限値0.49ベクレル/kg)

測定機器:ゲルマニウム半導体検出器 ORTEC社製 GEM45-76

測定機関:株式会社 理研分析センター

平成25年産玄米 放射能分析結果

ゲルマニウム半導体γ線スペクトロメトリー

平成25年(2013年)産玄米(秋田県潟上市飯田川和田妹川苗代沢地内)

要素-131   不検出(下限値0.48ベクレル/kg)
セシウム-134 不検出(下限値0.43ベクレル/kg)
セシウム-137 不検出(下限値0.46ベクレル/kg)

平成24年産米について放射能検査を行ないました。

玄米 検出下限値0.5ベクレル/kg

ヨウ素131 セシウム134 セシウム137 不検出

原木しいたけについて放射能検査を行ないました。

放射能検査_原木しいたけ.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 28.0 KB

ユキザサ(山菜)について放射能検査を行ないました。

放射能検査_ユキザサ.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 27.9 KB

23年産米について放射能検査を行ないました。         

「玄米」検出下限値1ベクレル/kgでND(不検出)です。

「土壌」検出下限値10ベクレル/kgでND(不検出)です。

平成23年産米 残留農薬検査(240成分)非検出